木星と土星が大接近する

木星と土星が大接近する

12月21日(月)の夕方南西の空で、木星と土星が大接近します。
どれくらいの大接近かというと、月の直径(視直径約0.5度角=約30分角)の5分の1の距離(離角0.1度角=6分角)まで接近します。
肉眼では、重なっているのでは思えるほどの接近となります。

2020年12月21日19時 木星と土星の大接近の様子
2020年12月21日19時 木星と土星の大接近の様子

春の星座でおなじみのおおぐま座のシッポのあたりにミザール・アルコルという二重星があり、これがだいたい12分角の離角となっており、その半分くらいの距離まで接近することになります。

また月が、年間を通じて見える直径が変化することが変化することが知られていますが、最大の月と最小の月の視直径の差が約0.05度角=約3分角なので、月の大きさの差の倍くらいの離角ということになります。

これほどまで接近することはかなり珍しく、前回は約400年前の1,623年の7月17日で、次回は60年後の2,080年となりますので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

プラネタリウムでは、前日の夕方(12月20日(日)18~19時)に「木星・土星大接近の観望会」を予定しています。

2020年12月20日19時 木星と土星の大接近の様子
2020年12月20日19時 木星と土星の大接近の様子


もし、お時間がありましたら、ぜひご参加ください。

2020年12月20日(日)「木星・土星大接近」

☆ 観望会:18:00~19:00   場所:風の丘(アクアドームの隣)▢ 参加無料・申込不要 ※ 雨天時は、観望会は中止し、プラネタリウム解説に変更します。  17時30分からプラネタリウム入口にて整理券を配布します。 […]

ふたご座流星群が見頃を迎える

2020年12月13日(日)の夜から14日(月)の明け方にかけて、ふたご座流星群が見頃を迎えます。新月が15日なので、月明かりのない星空の元で流れ星を楽しむことができます。

ふたご座は冬の星座で、夜遅い時間に東の空に昇ってきますが、ふたご座の付近だけに流れ星が見られるわけではありません。ふたご座の方向から夜空の四方八方に流れていきますので、空全体を広く眺めるのがオススメです。寒い時期ですので、暖かい服装で5~10分以上は空全体をぼんやりと眺めてみてください。明るい電灯や街灯がなく、車両が進入しない安全な場所で観察してみてください。

ふたご座流星群は13・14日に活動のピークを迎えますが、12月1日~22日が活動期間ですので、しばらくの間は楽しむことができます。