中秋の名月 Live中継

中秋の名月 Live中継

9月21日(火)は中秋の名月です。
宗像ユリックスが実施している観望会「ほしぞらウォッチング」は8月・9月と中止になりました。

そこで、今回中秋の名月を Youtube で中継することにしました。
中秋の名月にまつわるお話もする予定です。

2021年9月21日19時より1時間程度中継します。
ぜひご覧ください。

8月13日早朝にペルセウス座流星群が極大を迎える

8月13日早朝にペルセウス座流星群が極大を迎える

毎年、この時期(お盆頃)にペルセウス座流星群が極大を迎えます。

活動時期は毎年7月17日~8月24日頃となっています。
流星群の極大は今年は8月13日の早朝(日本時間午前4時30分頃)とされていますので、12日の深夜から13日の明け方がチャンスということになります。

流星は、過去に彗星などが残した塵(チリ)と地球の大気とが衝突することで発光します。
ペルセウス座流星群の元となる彗星(母天体)は、1992年に太陽系に最接近したスイフト・タットル彗星(109P/Swift-Tuttle)です。

今年は最大で1時間に20~25個ほどの流星が見られると予測されています。
今年は、12日の月齢が4となっており、21時34分に細い月が沈むため、月明かりのない条件となっています。
こうしたことから、今年は8年ぶりにペルセウス座流星群が好条件とされています。
12日夜は全国的に雨の予報となっていますが、14日くらいまではペルセウス座流星群が多く見られる可能性がありますので、晴れ間があったら少し空を見上げてみて下さい。

年間を通じて有名な流星群として、1月しぶんぎ座流星群、8月ペルセウス座流星群、12月ふたご座流星群とありますが、1月・12月といった寒い冬の時期でなく、温暖な時期に見られる流星群として、このペルセウス座流星群がオススメとなっています。

参考:国際流星機構(IMO)[英語]

2021年5月26日夕方「皆既月食」

2021年5月26日夕方「皆既月食」

2021年5月26日の夕方に、日本全国で皆既月食が見られます。

前回の皆既月食は2018年7月28日で、実に2年10ヶ月ぶりとなります。

日時種類備考
2014年10月8日
午後6時14分~午後9時34分
皆既月食観望会を実施, RKBが中継
2015年4月4日
午後7時15分~午後10時45分
皆既月食
2017年8月8日
午前2時22分~午前4時18分
部分月食
2018年1月31日
午後8時48分~翌2月1日 午前0時11分
皆既月食
2018年7月28日
午前3時24分~午前5時32分(月没)
皆既月食(月没帯食)Youtube と Facebookで中継
2019年7月17日
午前5時1分~午前5時19分(月没)
部分月食(月没帯食)
2021年5月26日
午後7時11分(月出)~午後9時52分
皆既月食(月出帯食)
2021年11月19日
午後5時10分(月出)~午後7時47分
部分月食(月出帯食)
2022年11月8日
午後5時12分(月出)~午後9時49分
皆既月食(月出帯食)
2023年10月29日
午前4時34分~午前5時53分
部分月食
2025年9月8日
午前1時26分~午前4時56分
皆既月食
2026年3月3日
午後6時49分~午後10時17分
皆既月食
2014~2026年に福岡で見られる月食(半影月食を除く, 時刻は部分食の始まりから終わりまで)


前回の皆既月食は、午前3時25分頃から食の開始となり、午前5時20分過ぎに食の最大を迎えた後、午前5時30分過ぎに地平線の下へと沈んでいきました。その時の中継映像のアーカイブが残っています。

今回の皆既月食は、午後7時11分に月が昇ってきた段階ですでに部分食が始まっており、午後8時9分より皆既月食を迎えます。約20分間皆既状態が続き、徐々に満月の明るさに戻っていきます。部分食が終わるのは午後9時52分で、半影食まで終わるのが午後10時51分です。皆既月食中は、月が赤銅色(10円玉のような赤黒い色)に見えます。大気中のチリの状態などによって、毎回明るさや色味が変わります。なお、世界規模で大きな火山噴火が起こった時などは、皆既月食中の月がかなり暗く、また黒っぽく見えるとされています。今回はどんな色になっているのか、ぜひ皆さんの目で確かめてみて下さい。

今回も、プラネタリウムでは月食の中継を予定しています。月が昇る前の午後7時くらいから中継を始める計画です。以下の URL でお待ち下さい。

https://youtu.be/CSDjXPRPYhY

5月6日の早朝にみずがめ座η(エータ)流星群が極大を迎える

5月6日の早朝にみずがめ座η(エータ)流星群が極大を迎える

毎年、この時期(ゴールデンウィーク明け頃)にみずがめ座η(エータ)流星群が極大を迎えます。

活動時期は毎年4月19日~5月28日頃となっています。
流星群の極大は今年は5月6日の昼頃(日本時間)とされていますので、5日の深夜から6日の明け方がチャンスということになります。

流星は、過去に彗星などが残した塵(チリ)と地球の大気とが衝突することで発光します。
みずがめ座η流星群の元となる彗星(母天体)は、1986年に太陽に接近したハレー彗星(1P/Halley)です。

今年は最大で1時間に5~10個ほどの流星が見られると予測されています。
この流星群は夜明け頃にかけてたくさんの流星が見られる傾向にありますが、福岡では午前2時47分に月齢25(満月の時の明るさを100%とした時の輝面比28%)の月が昇ってくるため、それ以降は暗い流星は見つけづらくなります。
そのため、月が昇る前に観察するのがオススメです。みずがめ座のあたりだけでなく、空全体を広く見るようにしてみてください。

年間を通じて有名な流星群は、1月しぶんぎ座流星群、8月ペルセウス座流星群、12月ふたご座流星群ですが、近年これに続くものとしてみずがめ座η流星群があげられています。本当にこれだけ見えるのかなという気持ちで眺めてみてください。

また、このみずがめ座η流星群は木星の公転周期と連動し、12年でピークが変動するという説があります。
今後の観測で、こうした説が確かめられるのではないかと期待されています。

参考:国際流星機構(IMO)[英語]

節分と立春の日付が今年は違う?

節分と立春の日付が今年は違う?

二十四節気の1つである「立春(りっしゅん)」がまもなくやってきますが、今年は日付が2月3日となっています。
そして、立春の前日が節分となっているため、節分の日も2月2日となります。
旧暦(太陰太陽暦)では節分が季節の節目とされ、立春の日から暦の上では春とされてきました。

その立春の日は、これまで長らく2月4日となっていましたが、今年は久しぶりにその日付が変わることになります。
前回、立春の日が2月4日でなかったのは、1984年(昭和59年)の2月5日のことで37年も前のことでした。
そして、2月3日が立春となった日は1897年(明治30年)で、実に124年ぶりとなります。

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。
そもそも、立春を初めとした二十四節気は天文学的に日付が決定されています。
具体的には、太陽の天空上での位置によって決まることになります。

地球は1年かけて太陽の周りを公転するため、日毎に太陽の天空上での位置が変化していきます。
この時、太陽の通り道である「黄道(こうどう)」上に定められた座標を通過する瞬間を含む日によって二十四節気の日付が決まります。

立春の場合は、太陽が視黄経(太陽を観測したときの黄道上における経度)が315度を通過する瞬間を含む日と決まっています。
それが、今年は2月3日となるため、その前日の節分の日も2月2日に変わってしまったのです。

このような日付が変わってしまう根本的な原因は、地球の公転周期が365日きっかりで公転していないことにあります。
地球の公転周期(1太陽年)は厳密には365.2422日となっていて、1年が365日だとすると、毎年約6時間ずつ余ってしまうことになります。
そこで、4年に1度つじつまを合わせるために「閏年(うるうどし)」が設けられ、その年は「閏日(うるうび)」として1日多く2月29日が発生します。

こうした閏年は概ね4年に1度やってきますが、それでも時々ズレが大きくなってしまいます。
そのため、さらなる調整が行われることになります。
具体的には、西暦が100で割り切れる年は閏年とせず平年とし、さらに西暦を400で割り切れる年は閏年とするというルールが設けられています。
そのため、2000年の特別な閏年(100で割り切れるため平年となるはずが、400で割り切れるため閏年となる)の影響でズレが大きくリセットされました。
そして、昨年の2020年に閏日がありました。
その結果、昨年2月末のつじつま合わせをした結果、例年に比べて1日早く立春がやってくることになったのです。
同じように、春分・夏至・秋分・冬至などの、他の二十四節気にも日付の変化が起こっています。
具体的には2012年に秋分の日が、9月23日から22日に移っていたり、年によって春分の日や秋分の日も変わってしまいます。

特に、春分の日や秋分の日は祝日(国人の祝日に関する法律に基づく)となっているため、生活に大きな影響が出てきます。
春分の日と秋分の日は観測をもとに天文学に決定される性質があることから、前年の2月1日(土日の場合は翌平日)の官報に、国立天文台よる「暦要項(れきようこう)」が掲載され、広く知らしめられます。

そのため、春分の日と秋分の日といった祝日の日付は、前年の2月1日に確定することになり、それまでは正式な祝日の日付は決まっていないということになります。

私たちの生活に身近な祝日が、こうやって天文学的な観測に基づいて決められているわけです。
そうやって考えてみると、天文学が私たちの生活に欠かせないものだと感じられるかもしれません。

参考:国立天文台 > 暦計算室 > トピックス > 
   節分の日が動き出す
   https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/topics/html/topics2021_2.html

木星・土星の大接近ライブ配信

木星・土星の大接近ライブ配信

今日(2020年12月21日(月))の夕方、木星と土星が大接近します。

木星と土星が大接近する

12月21日(月)の夕方南西の空で、木星と土星が大接近します。どれくらいの大接近かというと、月の直径(視直径約0.5度角=約30分角)の5分の1の距離(離角0.1度角=6分角)まで接近します。肉眼では、重なっているのでは […]

その様子を、18時より1時間程度中継します。

全国的に天文台・科学館でも同様の中継が行われます。
今日は、宗像は天候が厳しいですので期待せずに他の中継とあわせて見てください。

木星と土星が大接近する

木星と土星が大接近する

12月21日(月)の夕方南西の空で、木星と土星が大接近します。
どれくらいの大接近かというと、月の直径(視直径約0.5度角=約30分角)の5分の1の距離(離角0.1度角=6分角)まで接近します。
肉眼では、重なっているのでは思えるほどの接近となります。

2020年12月21日19時 木星と土星の大接近の様子
2020年12月21日19時 木星と土星の大接近の様子

春の星座でおなじみのおおぐま座のシッポのあたりにミザール・アルコルという二重星があり、これがだいたい12分角の離角となっており、その半分くらいの距離まで接近することになります。

また月が、年間を通じて見える直径が変化することが変化することが知られていますが、最大の月と最小の月の視直径の差が約0.05度角=約3分角なので、月の大きさの差の倍くらいの離角ということになります。

これほどまで接近することはかなり珍しく、前回は約400年前の1,623年の7月17日で、次回は60年後の2,080年となりますので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

プラネタリウムでは、前日の夕方(12月20日(日)18~19時)に「木星・土星大接近の観望会」を予定しています。

2020年12月20日19時 木星と土星の大接近の様子
2020年12月20日19時 木星と土星の大接近の様子

もし、お時間がありましたら、ぜひご参加ください。

2020年12月20日(日)「木星・土星大接近」

☆ 観望会:18:00~19:00   場所:風の丘(アクアドームの隣)▢ 参加無料・申込不要 ※ 雨天時は、観望会は中止し、プラネタリウム解説に変更します。  17時30分からプラネタリウム入口にて整理券を配布します。 […]

ふたご座流星群が見頃を迎える

2020年12月13日(日)の夜から14日(月)の明け方にかけて、ふたご座流星群が見頃を迎えます。新月が15日なので、月明かりのない星空の元で流れ星を楽しむことができます。

ふたご座は冬の星座で、夜遅い時間に東の空に昇ってきますが、ふたご座の付近だけに流れ星が見られるわけではありません。ふたご座の方向から夜空の四方八方に流れていきますので、空全体を広く眺めるのがオススメです。寒い時期ですので、暖かい服装で5~10分以上は空全体をぼんやりと眺めてみてください。明るい電灯や街灯がなく、車両が進入しない安全な場所で観察してみてください。

ふたご座流星群は13・14日に活動のピークを迎えますが、12月1日~22日が活動期間ですので、しばらくの間は楽しむことができます。