8月13日早朝にペルセウス座流星群が極大を迎える

8月13日早朝にペルセウス座流星群が極大を迎える

毎年、この時期(お盆頃)にペルセウス座流星群が極大を迎えます。

活動時期は毎年7月17日~8月24日頃となっています。
流星群の極大は今年は8月13日の早朝(日本時間午前4時30分頃)とされていますので、12日の深夜から13日の明け方がチャンスということになります。

流星は、過去に彗星などが残した塵(チリ)と地球の大気とが衝突することで発光します。
ペルセウス座流星群の元となる彗星(母天体)は、1992年に太陽系に最接近したスイフト・タットル彗星(109P/Swift-Tuttle)です。

今年は最大で1時間に20~25個ほどの流星が見られると予測されています。
今年は、12日の月齢が4となっており、21時34分に細い月が沈むため、月明かりのない条件となっています。
こうしたことから、今年は8年ぶりにペルセウス座流星群が好条件とされています。
12日夜は全国的に雨の予報となっていますが、14日くらいまではペルセウス座流星群が多く見られる可能性がありますので、晴れ間があったら少し空を見上げてみて下さい。

年間を通じて有名な流星群として、1月しぶんぎ座流星群、8月ペルセウス座流星群、12月ふたご座流星群とありますが、1月・12月といった寒い冬の時期でなく、温暖な時期に見られる流星群として、このペルセウス座流星群がオススメとなっています。

参考:国際流星機構(IMO)[英語]

5月6日の早朝にみずがめ座η(エータ)流星群が極大を迎える

5月6日の早朝にみずがめ座η(エータ)流星群が極大を迎える

毎年、この時期(ゴールデンウィーク明け頃)にみずがめ座η(エータ)流星群が極大を迎えます。

活動時期は毎年4月19日~5月28日頃となっています。
流星群の極大は今年は5月6日の昼頃(日本時間)とされていますので、5日の深夜から6日の明け方がチャンスということになります。

流星は、過去に彗星などが残した塵(チリ)と地球の大気とが衝突することで発光します。
みずがめ座η流星群の元となる彗星(母天体)は、1986年に太陽に接近したハレー彗星(1P/Halley)です。

今年は最大で1時間に5~10個ほどの流星が見られると予測されています。
この流星群は夜明け頃にかけてたくさんの流星が見られる傾向にありますが、福岡では午前2時47分に月齢25(満月の時の明るさを100%とした時の輝面比28%)の月が昇ってくるため、それ以降は暗い流星は見つけづらくなります。
そのため、月が昇る前に観察するのがオススメです。みずがめ座のあたりだけでなく、空全体を広く見るようにしてみてください。

年間を通じて有名な流星群は、1月しぶんぎ座流星群、8月ペルセウス座流星群、12月ふたご座流星群ですが、近年これに続くものとしてみずがめ座η流星群があげられています。本当にこれだけ見えるのかなという気持ちで眺めてみてください。

また、このみずがめ座η流星群は木星の公転周期と連動し、12年でピークが変動するという説があります。
今後の観測で、こうした説が確かめられるのではないかと期待されています。

参考:国際流星機構(IMO)[英語]

2021年夏 流星群を見よう

2021年夏 流星群を見よう

対象:小学生以上
時間:約50分

開始時刻

土曜日
日曜日
祝日
夏の特別期間(7月21日~8月31日)
13時
平日(火~金)
(9月1~30日)
14時30分

料金

大人440円
小中学生210円
幼児(4歳~)140円

小さなお子さんの入場はご遠慮いただいています。

内容

夜空をスーッと横切る光、流れ星。
流れ星は、いつどこに見えるかわからないものと、毎年決まった時期にまとまって見られる「流星群」とがあります。
夏の「ペルセウス座流星群」などを中心に、流星の観察方法やそのしくみについて詳しくご紹介します。

ふたご座流星群が見頃を迎える

2020年12月13日(日)の夜から14日(月)の明け方にかけて、ふたご座流星群が見頃を迎えます。新月が15日なので、月明かりのない星空の元で流れ星を楽しむことができます。

ふたご座は冬の星座で、夜遅い時間に東の空に昇ってきますが、ふたご座の付近だけに流れ星が見られるわけではありません。ふたご座の方向から夜空の四方八方に流れていきますので、空全体を広く眺めるのがオススメです。寒い時期ですので、暖かい服装で5~10分以上は空全体をぼんやりと眺めてみてください。明るい電灯や街灯がなく、車両が進入しない安全な場所で観察してみてください。

ふたご座流星群は13・14日に活動のピークを迎えますが、12月1日~22日が活動期間ですので、しばらくの間は楽しむことができます。